肌が弱い敏感肌男性のヒゲ剃り後の赤い腫れ、ぶつぶつ改善方法

ヒゲが濃い&肌が弱い人のヒゲ剃りの方法

ヒゲが濃い上に肌が弱い人の場合、ヒゲ剃りも非常に大変ですよね。

 

毎日剃らないといけないのに、肌が弱いため赤いぼつぼつができる
これを繰り返すことは将来的な肌のことを考える非常に危険。

 

気づいたときには黒ずみになるからです。
また、傷から菌が入ると化膿することもあります。

 

ヒゲが濃く、肌が弱い人の改善方法

この状態を改善するには、電気シェーバーやカミソリを変えるだけでは意味がありません。
特にカミソリだと角質層まで傷つけるため、黒ずみへと少しずつ前進していることになります。

 

電気シェーバーでも赤くなった経験はないでしょうか?
電気シェーバーにも深剃り用と肌に優しい2種類があります。

 

フィリップスの電気シェーバーは深剃りはできませんが、肌には間違いなく一番優しいシェーバーでしょう。
しかし、ヒゲが濃いと満足いくような剃り心地は得ることが出来ません。

 

ヒゲが濃いと大抵の人が青ヒゲのようになります。
こういった方には「ヒゲ脱毛」をおすすめします。

 

ひげ脱毛のデメリット

まずは「ひげ脱毛」のデメリットからお話します。
デメリットは1つだけで、料金が電気シェーバーやカミソリより高いというイメージではないでしょうか?

 

しかし、長期的な目線でいけば、費用対効果は抜群に良いと言えます。
仮にあなたが30歳としましょう。

 

電気シェーバーを使い続けた場合

電気シェーバーなら1〜2万円ぐらいですが、3〜4年で使い物にならなくなります。
残り30年のサラリーマン生活を考えると少なくても6台は購入するでしょう。

 

かかる費用は6〜12万円ということになります。
電気シェーバーならシェービングジェルも必要ないので本体価格ぐらいでしょう。

 

後はアフターローション代が1本1,000円とし、年3本で約3,000円。
シェーバーとローション代金の30年間合計:15〜21万円

 

カミソリを使い続けた場合

4個入り1000円のT字カミソリの替刃を1ヶ月に1回替え続けると年間3,000円。
(但し、カミソリの刃は毎日使用する場合、2週間に1度は変える必要があると言われてる)

 

カミソリならシェービングジェルやクリームは必須なので、これが1本500円。
仮に1本で2ヶ月間持つと考えると年間で3,000円。

 

敏感肌ならアフターローションも必要ですから1本1,000円、年3本で3,000円。
カミソリの刃、シェービングジェル、アフターローションの30年間合計:27万円

 

分かりやすく表にまとめます。

項目 電気シェーバー カミソリ ヒゲ脱毛
主要価格 6〜12万円
電気シェーバー代
9万円
カミソリの刃
8万〜15万円
シェービングジェル 9万円
1本500円/年3本
アフターローション 9万円
1本1,000円/年3本
9万円
1本1,000円/年3本
合計 15〜21万円 27万円 8万〜15万円

 

実は「ヒゲ脱毛」の方がコストパフォマンスは良いです。
特に若ければ若いほど将来的なトータル金額は安くなります。

 

また、年を重ねるごとにヒゲは濃くなっていきます。
その点からも早いうちからヒゲ脱毛をしておくと良いですよ。

 

まずはお試し体験から

とはいっても「ヒゲ脱毛」の価格は安いものではありません。
そのため、まずは無料体験ができるサロンを紹介します。

 

ここで「無料のヒゲ脱毛」を体験して、効果があれば実際に申込を考えて下さい。
以下で紹介しているサロンは、どこも格安もしくは無料のヒゲ脱毛が体験できます。

 

ヒゲがスルッと抜ける体験をあなたも感じてください。
ヒゲ剃りが本当に楽になる爽快感が味わえますよ。

 

メンズ ラクシア

初回料金が、「鼻下・口下・あご」の3点が2,000円です。
業界でも最安値の料金だと思われます。

 

S.S.C.脱毛という新しい脱毛方式を採用しているため肌にも優しいです。

 

個人的には最もおすすめするサロンです。

 

メンズTBC「2回集中濃いヒゲ脱毛」

エステでは有名なTBCの男性専用サロンになります。

 

ヒゲ脱毛は初回限定で2回1,000円で脱毛体験ができます。

 

当日は通常の脱毛と同じように、カウンセリングから始まり、ビフォアケア、脱毛、アフターケアの体験が出来ます。

 

メンズ脱毛専門店のBOWZU

BOWZUは一度に大量の脱毛が出来る上に痛みも少ない「光脱毛」です。

 

敏感肌にはニードルは痛すぎますし、肌の痛みも半端ないです。

 

その点、光脱毛なら肌にも優しく、価格も安いです。

 

先着20名に無料体験実施中!