肌が弱い敏感肌男性のヒゲ剃り後の赤い腫れ、ぶつぶつ、ヒリヒリ改善方法

肌の弱い敏感肌の人のヒゲ剃り

ヒゲを剃ると、

  • 赤くはれ上がる
  • 赤いぶつぶつができる
  • ヒリヒリして痛い
  • 血がでることもある

 

ヒゲ剃り後にこういった肌状態になる方は、肌が弱く敏感肌の可能性大です。
敏感肌の方がヒゲ剃りを続けると、肌荒れが無限ループ状態になります。

 

最悪はヒゲ剃り後の傷からバイ菌が進入して化膿することもあります。
少しでも上記の状態になるのであれば、ひげ剃り方法に改善が必要です。

 

剃刀負けをしない方法

ヒゲ剃りで肌が赤くなったり、ヒリヒリする痛みを軽減、改善する方法を紹介します。

 

ヒゲ脱毛

最も痛みをなくすことに適しています。
毛の一本一本が薄くなり、ヒゲの量も減るためヒゲをそる回数も減りますし、ヒゲ剃り自体も楽になります。

 

問題は価格ではないしょうか?
ニードル脱毛は確かに金額も高いのですが、レーザー脱毛ならかなり安いです。
価格でいえばニードルが30万に対して、レーザーなら5〜10万円ぐらい。

 

レーザー脱毛の場合、何度も通うことによってツルツルになりますが、徐々に毛の量が減っていきます。
そのためツルツルではなく、「毛が薄くなり量が減ればいい」でしたら、価格もグッと抑えることが出来ます。

 

また、肌の弱い男性ならニードルよりも、肌にも優しいレーザーの方が良いです。

 

ヒゲ剃り方法の改善

基本的にT字カミソリでも、電気シェーバーでも同じですが、ヒゲが濃いと力を入れて剃ってしまいがちです。
しかし、皮膚に押し付けて力を入れてそると、毛だけでなく角質層を削ってしまいます。

 

そのため力をいれて剃ることは絶対にNGです。
特に肌が乾燥しているときには注意が必要と言えるでしょう。

 

カミソリで剃る場合

カミソリなら刃の数が多いほど肌への圧力が弱まるため肌にも優しいといえます。
また、ヒゲをそる前には温めたタオルやお湯でヒゲをする場所を温めます。
こうすることでヒゲが柔らかくなりますし、毛穴も開くためヒゲが剃りやすくなります。

 

ヒゲをそるときは必ずクリームやジェルを塗ってから剃りましょう。
ヒゲが生えている反対方向に向かって剃る場合は回数少なめを心がけましょう。

 

何度も何度も同じ箇所をそると、それだけで肌が痛みますので。
最後にはアフターケアでローションなどを塗ることもお忘れなく。

 

電気シェーバーで剃る場合

電気シェーバーで剃る場合も、カミソリと同様にまずは肌とヒゲを温めておきます。
電気シェーバーの場合はジェルなどは使えないため、この温めが非常に重要です。

 

また、電気シェーバーを当てただけでは青ヒゲ状態になるときには、肌を空いた方の手でひっぱり伸ばすようにして剃ると深剃りができます。
最後はアフターローションをつけるようにしましょう。

 

電気シェーバーの場合、メーカーによっても効果が様々です。
安い物より高い物の方がヒゲ剃りの効果や痛みの少なさは顕著に表れます。

 

肌が弱いのであれば、フィリップスのシェーバーをおすすめします。
フィリップスのシェーバーは刺激の少なさでは群を抜いて高いです。

 

但し、深剃りができないので、深剃りしたいのであれば、ブラウンやパナソニックです。

 

肌が弱いならひげ脱毛

ここまで肌が弱い敏感肌の人のヒゲ剃り方法を紹介してきましたが、やはり「ひげ脱毛」に勝るものはありません。

 

もし「ひげ脱毛」の効果が心配であれば、初回のお試し脱毛をやってみましょう。
初回なら1,000〜2,000円ぐらいで脱毛体験が出来ますよ。